宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でお酒は危険!少量も飲んでいけないの?アルコール依存の恐れも?

calendar

reload

うつ病でお酒は危険!少量も飲んでいけないの?アルコール依存の恐れも?

うつ病でお酒はあまりよくないと言われております。

お酒はなぜうつ病にとって危険なのでしょうか?

また少量でもダメなのでしょうか?

健常者であれば、ストレス解消やコミュニケーションが弾むなどいい面が沢山あります。

うつ病患者はどうでしょうか?

現在うつ病を抱えている人でお酒を飲みたい人や飲んでいる人はご覧下さい。




うつ病でお酒は少量でも危険なの!?なぜお酒はダメなのか!?



うつ病でお酒は少量でも危険なのでしょうか?

まずはなぜお酒がうつ病との組み合わせが悪いのでしょうか?

薬の副作用を強めてしまう

薬の副作用を強めてしまい、吐き気や頭痛を促してしまう恐れがあります。

薬の効果を弱めたり強めたりしてしまう

薬を飲んでいる方が多いうつ病なのですが、その効果を弱めたり強めたりしてしまう可能性があります。

アルコール依存になりやすい

アルコールを飲み過ぎてしまうと、苦しみをアルコールで紛らわせようとする為、依存症を巻き起こしてしまう可能性があるのです。

このような危険要素があります。

アルコールは薬の効果を正しく作用させるのを狂わせたり、依存性があるので気をつけなければいけません。

うつ病でお酒は少量でも危険なの!?お酒を飲んだら絶対ダメなの?



うつ病でお酒を飲みたい人もいるかと思いますが、少量でも危険なのでしょうか?

少量のお酒はストレス解消にとても役に立ちます!!

うつ病の患者でもお酒を飲んで亡くなってしまうようなことはありません。

しかし限度は守らなければいけません。

ここに気をつけましょう。

薬を飲んでから最低4〜5時間はあける

薬を飲んでから時間をあけることが大事です。

お酒と一緒に薬を飲んでしまう方もいるので要注意!

適量のお酒の量を守る

コップ1杯程度のお酒であれば、ストレス解消になる可能性になるかもしれませんが、あまりにも多い量を摂取してしまうと依存症になってしまう恐れもあります。

医師と相談

症状によってはお酒を完全に禁止される恐れがあります。

しっかり医師と相談することが大事です。

うつ病でお酒は少量でも危険なの!?人によって暴走する恐れもあり!



うつ病でお酒は少量ならいいということが分かりました。

しかしお酒を飲む事で、性格が変貌する場合の人もいます。

突然暴力的になったり、暴言を吐いたりしてしまう可能性があります。

自覚症状があったり、周りの方に止められているようであれば、禁酒した方がいい場合があります。




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業