宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

コレコレ流!温泉はメンタルが弱い人に効果的!人気YouTuberの休息方法!

calendar

コレコレさんは、2021年自身最高記録となる同時接続者数31万人を突破した現在日本一の配信者であり、YouTuberでもあります。

常に最先端のトレンドニュースを取り入れ、インターネットの世界で輝き続けている超一流。

そんなコレコレさんがリラックスする時に利用するのが温泉だそうです。

今回はそんな温泉にはどんな効果があるか、メンタルに影響する要素を調べてみました。

コレコレさんとは一体どのような人物?

日本一の配信者コレコレさんとは一体どのような人物なのでしょうか?

順を追って説明していきたいと思います。

生い立ち

1989年8月12日、広島県にて出生。

小学生の頃女子の友達が多いという理由からいじめを受け、不登校になってします。

環境を変えるために塾に通い、中学は私立の男子校を受験して入学。

そのまま高校に進学した16歳の頃、学年でトップの成績を取ったご褒美として、両親からパソコンを買い与えられ、「配信」の存在を知るとそこから一気にのめり込んでいった。

生放送で本領発揮

2009年7月3日にニコニコ生放送で配信を開始。

配信スタイルは、雑談やエロイプ釣り、逆凸、喧嘩凸、お絵かき、声真似など。

始めて1週間ほどで人気が出て、2ヶ月でコミュニティ登録者が1位になった。

YouTubeでの活動

2014年12月1日、YouTubeチャンネルを開設。

2016年夏頃から本格的にYouTubeへの動画投稿を始める。

タバコのポイ捨て注意など実写での企画、視聴者との相談凸待ち、YouTubeLiveでの雑談生放送など多岐に渡る。

2021年チャンネル登録者数150万以上、アイドルや服のプロデュース、本販売など幅広い分野で結果を出している。

こちらのサイトで詳しい情報が見れます。

コレコレさんの強靭なメンタル

YouTuberのような有名人はメンタルに負担がかかる確率が普通の方より高くなります。

人気になると分刻みのスケジュールで休養がなかなか取れず寝不足が続いたり、仕事漬けになってしまったり、熱烈なファンの中にいる熱狂なアンチもいたりします。

誹謗中傷だけではなく、デマを流したりする悪質な行為もあったり、自分だけではなく周りの知人にも迷惑がかかる可能性も。

そんな状態が続くと、体か心が壊れてしまいます。

実際にYouTuberでうつ病になってしまった人はこちら

そいったことを踏まえると、コレコレさんはインターネット活動を始めてから10年以上経っている。

メンタルは強靭といってもいいぐらい強い人といってもいいでしょう。

八方美人ではなく、自分の意見をはっきり主張でき何事にも動じない精神力を兼ね備えてます。

そんなコレコレさんがメンタルが弱い人には温泉がいいと教えてくれました。

温泉がメンタルにいい3つの理由

温泉に入ると嫌なことも全部洗い流せ一旦リセット。

とくに東京のような都会の人こそ、一度静かで空気がおいしい環境に身を置きネットを遮断し目も休憩させる、そしてゆっくり温泉につかること。

これがコレコレさんのリラックス方法です。

実際に温泉について調べてみると体にいい理由は、大きく3つありました。

体をあたためる効果

入浴は、冷えた身体を温め、血行を促し代謝を高めてくれる効果があります。

「身体を芯から温めること」が大切です。

「入浴後のポカポカ感がもっと続くようにしたい」という方は、お風呂上がりの足マッサージがおすすめです。

ツボがたくさんある足裏やふくらはぎをほぐすことで血行が良くなり、入浴後のポカポカ感の持続につながります。

水圧効果

体にかかる水の圧力は湯船で首までつかった場合、体全体にかかる力は約1トンともいわれております。

湯船の中では体の表面だけでなく、皮膚の下の血管などにまで大きな圧力が加わり内臓が刺激され、内臓運動となります。

「第二の心臓」と言われる足に溜まった血液が押し戻されて心臓の働きが活発になり、血液やリンパの流れをよくします。

重力のかからない水中では、血液が心臓に向かって押し上げられるので血流が良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になります。

自律神経に与える効果

42℃以上の熱いお湯に入った場合は、交感神経が高ぶるため、血圧の上昇、脈拍の増加、筋肉の緊張などが起こります。

眠気を感じている時でも、これらの効果によって活動モードに切り替わるため、朝に入るとより効果を実感できるかもしれません。

一方、40~41℃程度のぬるめのお湯は、副交感神経を優位にします。

血圧や脈拍を低下させ、内臓の働きも活性化してくれるので消化促進の効果も期待できるでしょう。

寝る前や、疲れていてリラックスしたいときにはおすすめです。

うつ病の人にも効果があるかも

うつ病患者の人も不安や緊張感に縛られている時動悸がしたりしませんか?

この時全身がこわばり、筋肉が血管を圧迫して、血圧が高くなっています。

身体がこわばって動悸がしているときに考え事などをするとさらに不安感が強まる可能性があります。

悩んでいるときや不安な時に考え事をしても、だいたいもっと落ち込んでいってしまう。

だからこそ1度リラックス状態に体をする必要性があります。

その方法の一つとして温泉を取り入れてみるのもいいことでしょう。

しかし温泉に入ったからといって今抱えている不安の種がそのままなくなるわけではありません。

あくまでリラックス状態にし頭がすっきりとした状態になればその不安と向き合いやすい状態にしてもらえるということです。

向き合い方が変われば、解決に導きやすくなるので是非試してみてください。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業