うつ病でお風呂に入りたくない!入らなきゃから入るを習慣に!

未分類
このページにはプロモーションが含まれています

うつ病でお風呂に入りたくないという方がいます。

お風呂は身体的にリラックス効果を与えます。

なのでうつ病の患者は、お風呂に「入らなきゃ」から「入る」を習慣化させましょう。




スポンサーリンク

うつ病でお風呂に入りたくない!原因はどうして!


うつ病でお風呂に入りたくないという方はいますが原因はどうして起こるのでしょうか?

精神的な症状

憂鬱な気分が続き、お風呂に入る気力が起こらない。

身体的な症状

身体のだるさが、お風呂に入る気力が起こらない。

薬が効かない症状

薬があまり効かなくて、お風呂に入る気力が起こらない。

このようなことが原因でうつ病でお風呂に入りたくないという原因になります。


スポンサーリンク

うつ病でお風呂に入りたくない!入ると良いお風呂の効果!


うつ病でお風呂に入りたくないという方がいますが、お風呂にはどのような効果があるのでしょうか?

自律神経を整える

高ぶった神経を休ませて、リラックス効果を果たします。

良質な睡眠を促す

お風呂に入る事で良質な睡眠を促すことができます。

疲労回復効果

疲労回復効果があり、身体の疲れを癒す効果があります。

上記の効果がお風呂にある為、うつ病患者は特に入った方がいいのです。

スポンサーリンク

うつ病でお風呂に入りたくない!楽しみを作る!


うつ病でお風呂に入りたくないという人でも、入る楽しみを作れば良いと思います。

信頼出来る人と一緒に入る

信頼出来る人と一緒に入ることによってコミュニケーションもとれることが出来ますし、リラックス効果もあります。

お風呂に匂いをつける

お風呂にバスクリンなどの匂いをいくつか用意することで、楽しみを見つける事ができます。

音楽をかけながら入る

好きな音楽をかけることによって、お風呂に入りながら気分を高揚させることができます。

スポンサーリンク

うつ病でお風呂に入りたくない!入る事で体調が楽になることを知る!


うつ病でお風呂に入りたくない人は、入る事で気持ちがよくなる体感をすると、入りたくて仕方ない状態になります。

お風呂は体だけでなく、気持ちもすっきりさせることができるので、前向きな思考になりやすいです。

とくに38度くらいの温度で湯船にゆっくりとつかることが大事です。