宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で犬や猫を飼うとよい4つの理由!

calendar

reload

うつ病で犬や猫を飼うとよい4つの理由!

うつ病で犬や猫を飼っていることで症状が軽くなる可能性がある場合があることをご存知ですか?

犬や猫は癒し効果だけではなく、うつ病患者にとって必要な事を沢山学ばさせてくれたり症状を回復させる効果があります。

一体どのようなことが効果的なのでしょうか?

現在犬や猫を飼っている人はもちろん、飼っていない方も記事を読み進めて下さい。

うつ病で犬や猫を飼うとよい?生き物を飼うことはうつ病にとって効果的!


犬や猫を飼っている家庭は多くなってきました。

もしかしたらうつ病患者の家にもペットがいる方もいます。

普段ペットに対して無関心な方でも、愛情もって接する事で様々な効果を得る事ができます。

なにげなく飼っているペットを違う視点からみることで、ペットも幸せな気持ちになりますし、患者自身も前向きな気持ちになれる場合があります。

では具体的に犬や猫を飼う事はどのようなことが良いとされているのでしょうか?

うつ病で犬や猫を飼うとよい理由とは?


具体的に犬や猫を飼う事で、うつ病患者にとってどんな良い効果をもたらしてくれるのでしょうか?

責任感が生まれる

ペットを飼うという適度な責任感が、うつ病患者を奮い立たせる原動力になったりします。

毎日の生活リズムの中に、ペットとふれあう時間を作ったり、毎日えさをやったりとやる作業が増えることで、体が動きやすくなります。

散歩にいくことで運動になる

とくに犬を飼うとそうなのですが、一緒に散歩をすることを習慣化することで、患者の運動にもなったりします。

運動すると良い事はこちらのサイトや医師からも進められている行為です。

気分転換になる

気分が落ちこんでいるとき、ペットの愛くるしい仕草に癒される場合があります。

犬や猫は愛着がわきやすく、すりよってくる場合もあります。

ですので愛情を持って育てることで気分転換にもなるのです。

ふれあう事でストレス解消

人肌にふれることや、ペットとふれあうという行為はリラックス効果があります。

肌にあたる感覚が不安をそらし、意識がペットに集中することでしょう!

うつ病で犬や猫を飼うとよい?お世話が苦手な人は辞めた方がいい!


犬や猫を飼う事はうつ病にはとても良い事が分かりました。

しかし昔から世話することが苦手な人もいます。

ペットを飼う事で返って、世話をしなければいけないという責任感が大きくかかってしまうようであればあまりオススメしません。

大事なのは適度な責任感です。

犬や猫も生き物ですから、愛情をそそいでお世話が出来ないようであれば他の方法を試しましょう!!

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業