宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病の朝の不安感は危険!快適な朝を迎える為には?

calendar

うつ病患者で朝の不安感が耐えれない方がいます。

一体どうしてでしょうか?

朝に体調を崩しやすい人

朝に不安感を覚えやすい人

朝を向かえるのが嫌な人

このような方はこのまま記事を読み進めて下さい。

うつ病の朝の不安感が起こる原因は?


うつ病で朝の不安感が起こってしまう原因はどうしてでしょうか?

体のリズムがとれなくなる

体のリズムがとれなくなってしまうと、規則正しい生活を送れなくなってきます。

その結果睡眠不足になったりする可能性があります。

睡眠が十分取れない場合、脳が休養をとれない為に、朝の不安感が湧き出てしまうのでしょう。

ストレスを溜め込んでいる

ストレスを常に貯めてしまうと、睡眠の質が悪くなってしまいます。

その結果朝の不安感が増幅してしまう場合があります。

朝にやることがない

朝にやることがない場合、起きてもダラダラしてしまったり、将来の不安や現状の不満を考えてしまい憂鬱になってしまう恐れがあります。

うつ病の朝の不安感をなくすにはどうしたらいいの?


では具体的に朝の不安感をなくすにはどうしたらいいのでしょうか?

身だしなみをしっかり整える

部屋着から着替える事や、歯をしっかり磨くこと、そして髪の毛もセットする。

そうすることで気分的にも身がひきしまります。

朝にやることをしっかり決めておく事で不安感を軽減させることが出来ます。

食事をきちんととる

朝食は日中活動するエネルギーになります。

胃の中に食べ物を入れる事により、内臓も朝だと認識することができるでしょう。

規則正しい生活をする

夜寝て朝起きるという生活リズムを意識的にやっていきましょう。

そうすることで朝の不安感も軽減されてくると思います。

夜寝るのが遅い人は少しづつでもいいのでゆっくり布団に入る時間を早めていきましょう。

運動をする

運動することで睡眠の質も変わりますし、血流の流れがよくなり活動的になったりもします。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業