宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で痩せる原因になってのは危険!拒食症を併発している恐れ!

calendar

reload

うつ病で痩せる原因になってのは危険!拒食症を併発している恐れ!

うつ病が痩せる原因の場合はもしかしたら他の病気も併発している場合があります。

現在うつ病を抱えてしまって、体重が急激に落ちてしまった場合はなんらかの原因がある場合があります。

症状によっては、危険な場合がありますので心当たりがある方はこのまま記事を読み進めて下さい

うつ病で痩せる原因になってのは危険!併発の恐れがある拒食症!


うつ病になるとそのストレスを発散させる為に、食欲で満たそうとして太ってしまう場合がありますが、精神的なストレスから食事がとれなくなってしまい逆に食事をとれなくなってしまう場合があります。

ひどくなってしまうと拒食症と呼ばれる病気も併発して起こってしまう場合があります。

拒食症とは、食事を取る気が起こらなくなってしまったり、強制的に食べようとしても吐いてしまう病になります。

拒食症は食事からの栄養がとれない為にうつ病を回復させる為のエネルギーが不足してしまう場合があるのです。

もしこの状態が続くようであれば、どんどんうつ病症状が悪化してしまう恐れがあります。

うつ病で痩せる原因になってのは危険!どうして食事がとれなくなるの?


うつ病になるとなぜ食事がとれなくなってしまうのでしょうか?

痩せる原因になってしまう原因はこちら

興味がわかない

うつ病になると食事に感じて興味すら湧かなくなってしまう恐れがあります。

健常者も落ち込んでしまうと食欲が失われる場合があるのですが、数日で改善される場合があります。

しかしうつ病患者は長期的に食事に興味がなくなってしまう場合があります。

空腹感を感じない

うつ病になると、空腹感をあまり感じなくなってしまう恐れがあります。

空腹感をあまり感じなければ、食事をとらなくても大丈夫と感じる恐れがあります。

結果的に痩せる原因や拒食症の併発の恐れがあるのです。

味覚が分からない

うつ病になると様々な神経が麻痺してしまう場合があります。

その中で味覚があまり分からず、何を食べても同じような感じがしてしまい、食べるという意欲をなくしてしまう恐れがあるのです。

うつ病で痩せる原因になってのは危険!改善策はあるのでしょうか??


うつ病で痩せてしまう原因になってしまっている場合どうすればいいのでしょうか?

まずはしっかり病気を受け入れ、うつ病を完治させる努力をしましょう。

そうすることで、食欲も増進しエネルギー補給もしっかり力を蓄える事が大事です。

食事をとらなければ、活動エネルギーも湧かなくなってしまう恐れがかなりあります。

そう言われてしまうと強制的に食事をとった方が良いと思われる場合があるのですが、うつ病をしっかり完治せず、無理矢理食事をとろうとする行為もストレスに感じる場合があります。

ストレスがどんどん溜まっていくと、吐いてしまう癖がついたり、逆にまた食べれなくなってしまう恐れもあります。

ですから無理のない範囲で、医師の指示に従い食事療法を行なっていくとよいでしょう!

うつ病で痩せる原因になってのは危険!注意すべき点は?

安定剤の中で食欲増進する効果のある薬もあるのですが、逆に過食が進んでしまい自分の消費カロリー以上に食事をとってしまう恐れがあります。

その場合はしっかり医師と相談しながら、安定剤を変えてみると良い場合もあります。

うつ病で痩せてしまい過ぎたり、太りすぎたりしてしまう場合は医師とのコミュニケーションをいつもよりしっかりやる必要性があります。

ご自身で自分は当てはまっているかもしれないと気付いてしまったらしっかりと向き合う必要性があります。

自分の体の事なので、こまめに体調を記録していくといいでしょう!

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業