宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病Twiiterbotまとめから学ぶ!習慣や行動元気が出る言葉!

calendar

うつ病でTwiiterを頻繁にみることがある。

SNSから元気をもらえる投稿をみたい。

共感できる言葉をみたい。

今回はそんなTwitterの言葉をまとめたいと思います。

参考Twitterはこちらうつ病BOT

Twitterbotってなに?

Twiiterというサービスはご存知でしょうか?

Twitterの月間アクティブユーザー数は4,500万人です(2017年10月時点)。

イベントや事故・災害の現場などから個人が容易に情報を発信できるようになったため、最近ではそれらの情報収集が目的で利用を始めるユーザーも増えてきているようです。

そのTwiiterの中で「bot」と言われるプログラムがあります。

botというプログラムを導入することで、簡易的な業務を自動化することに成功し、効率化を図ることができます。

シンプルにいうと自動投稿ですね。

うつ病にもbotがあり、うつ病に関する情報を自動的に発信するTwiiterが存在します。

下記がうつ病のことに関する発信をしているbot内容です。

うつ病Twitter運動まとめ


散歩は有酸素運動の中でも、運動初心者に非常に良い効果をもたらせます。

普段車で行動していた人は、歩くことによりまた違った景色に見えるのではないでしょうか?

体力アップだけでなく今まで感じなかった肌の感覚や、季節の匂い、小さな幸せを見つけることができることでしょう。


とにかくずっと寝ている状態が続くことがよくないのです。

ですから調子の良い日は軽く動いて欲しいということ。

うつ病改善の基盤となる「動くこと」。

意識するだけで未来は変わってくるかもしれません。

うつ病Twitter休むまとめ


うつ病患者は休むことが仕事。

責任感や真面目なあなたは「やらなきゃ」「こんなんじゃダメだ」と不安があるのは分かります。

しかし健康な人でもベストなコンディションでなければ、マイナスな結果を出す確率が上がります。

動けない日は、休むひたすら休む!


まずはカーテンを開けるという行動。

一つの習慣として取り入れてみてください。

家でできる簡単な作業の一つです。

これくらいできて当たり前と思わず、カーテンを自力で開けることを続けることが出来た自分は偉いと思い込むことで幸福度が上がります。

また窓を開けるだけで気分がフレッシュになります。

爽やかな風や、ほんのりあたたかい日光があっていることを感じてください。

深呼吸することでさらにリラックス効果が期待できます。

うつ病Twitter知識まとめ


スマートフォンはいじっても構いません。

しかしいじりすぎは要注意。

ブルーライトを浴びるすぎることで、眠れなくなったり、良質な睡眠をとれなかったりします。


今思っている不安を書き出すこともストレス発散につながります。

書き出すことにより、再度自分の不安を客観的にみることができ、そこからどうしたら改善できるか導き出すことができる近道が見えてくるかもしれません。

例えば、「今日は1日中ベット憂鬱で不安感があったけど、1日を乗り越えれた。」

こういった小さな達成感を記載して認識していくことで、自分に小さな自身がついてくることでしょう。


食事療法をみるとこれは食べない方がいいといった制限があります。

しかし我慢しすぎて、ストレスを強烈に感じてしまうぐらいでしたら、好きなものを食べる日を作ってもいいのではないでしょうか?

太るという心配もあるのも分かります。

ただ我慢しすぎて、別の病気が併発しないことが心配です。


左脳は、言語、計算、理論など論理的。

深く考えすぎてしまう人は、左脳が発達している場合があります。

理屈で考えず、楽観的になれるよう目をつぶって瞑想などをすると効果的でしょう。


利き手と逆の手を使って今までの生活をしようとすると、非常に違和感を感じることになります。

その違和感が無意識的に現れている不安を一時的に消し、違和感に意識が集中することでしょう。

普段と違う生活習慣は脳に刺激を与えます。


うつ病は甘えという人もいます。

現在は、うつ病の認知度も上がっています。

本も多く発売されたり「ツレがうつになりまして」といううつ病をテーマにした映画もヒットしたこともあります。

認知度はあるが理解度がどれくらいあるのかということ。

少しでも相性が合わないと思った人には、無理してあなたが関わる必要性はないことを忘れないでください。


うつ病を改善するポイントとして、ストレスを溜めないということ。

そのストレス発散方法は個人差があります。

人に悩みを相談するだけでもいいですし、文章にして今の思いをぶつけてみるのもいいです。

なにかしらの方法で、自分の思っていることを吐き出すことが大事です。

これは単純ですけど、ストレス軽減の効果はあります。


医師から処方された薬はきちんと飲むです。

様々な治療法があるうつ病。

まずは医師のいうことを聞くことが最短で辛い状態から抜け出すヒントになることでしょう。

薬は飲みたくないという人の気持ちも分かります。

しかし重症化して取り返しがつかない場合になった方もいます。

ですからまずは医師の指示を聞く、おかしいと思ったら病院を変えてみる、薬を変更してみるという要素を取り入れてみるといいかもしれません。

まとめ

Twiiterにはbotの他に、インターネットの中ではうつ病で苦しんでいる人はたくさんいます。

「#うつ病」で検索すると同じ共感できるツイートが多くあります。

共感できる反面、ネガティブツイートに反応して自分の意識もひっぱられる可能性があります。

同じように悩みうつ病と闘っているということだけを理解するくらいでいいかもしれません。

ただSNSは利用しすぎるとうつ病を悪化させる恐れが。

うつ病はSNSを見ているだけで90%悪化する理由!こちらの記事を参考に。

いかがでしたでしょうか?

今回はTwiiterbotまとめからみるうつ病改善方法を取り上げてみました。

少しでも患者の不安感が軽減されたら嬉しいです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業